不妊治療

2016年5月23日 / 未分類

金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。40歳以上でママになっている人もいるのだし、助成回数を増やしたほうが良いように思います。

実は私自身もすでにアラフォーですので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、各種のものが認められています。
その中でも先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も注目したい効果です。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画をたてている女性は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが良いでしょう例えば、葉酸のサプリならば摂取がそこまで負担にはなりませんのでぜひサプリを活用してみて下さい。葉酸とは野菜などにふくまれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名ですね。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけて欲しい栄養素で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリを利用するのが問題ありません。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省が正式に妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果を有するのです。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗といっしょに体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決して沿うではなく、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がるおそれもあります。
葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、指示された用法を守って摂取するようにして下さい。「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?持ちろん、女性がおこなうべき妊活も沢山あります。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にも御勧めしたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。流産や不妊の原因因子として、母体にあるばかりでなく、意外にも男性に原因がある事もあります。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸は女性の妊活におもったより必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。ですので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみて下さい。フェイスブックでお見合い

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る