肌のお手入れのコツ

2018年3月15日 / 未分類

敏感肌 赤み取る 化粧品

おかあさんがとてもニキビ肌で、私も中学からニキビのことで悩まされ、大人になった今でさえも、よくニキビができるので、顔面のお手入れは意識してやっています。また、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。あわれなことに絶対にニキビ肌になりそうです。遺伝は恐怖に値すると思いました。食べ物と美容は切っても切れない関係にあるので、老いに逆らう食べ物を美肌をキープすることが可能になります。豆類、穀物類、海藻類、野菜類、魚類、キノコ類、イモ類、乳製品やトナス、そしてタンパク質をきちんと摂取することでアンチエイジングが可能です。ニキビが炎症を起こしてしまうと、顔を洗う場合などにちょっと触っただけでも痛みがあります。ですから、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても決して指で触らないでください。触ると痛いのももちろんですが、それが原因で指から雑菌が入って、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。冬は空気が乾燥してくるので、それによって肌の水分も奪われます。潤いが肌に足りないと肌トラブルの要因となりやすいので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段よりしっかりと行うようにしてください。冬の肌のお手入れのコツは肌を乾燥させないという意識を持つことです。

近年では、美容家電を多くの人々が使用していて自宅にいながら手軽にエステ並みのスキンケアができるのがすごく喜ばしいです。私はエイジングケア家電に夢中です年をとらないうちにコツコツとエイジングに関するケアをしていると、数年後にお肌に違いが出てくるかもしれないと思うので頑張ってケアしています。乾燥しやすい肌なので、肌の保湿のためにこだわって化粧水を使っています。とろみのある化粧水を使用しているので、洗顔を行った後、化粧水だけつければ過ごせるというほど潤って、すごく気に入っています。化粧水はちまちまとケチらずふんだんにつけるのが秘訣だと思っています。カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択して丁寧に泡立てて、肌への抵抗を減らしてください。無理に力を込めて洗ってしまうと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。さらに、洗顔の次に必ず保湿をするようにしましょう。化粧水のみにせず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて用いるようにしてください。「肌を美しく保つためには、タバコはダメ!」などという言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても変わりがありません。本当に肌を白くしたいと考えておられるなら、タバコはすぐにでも止めるべきです。その理由として最高のものとされているのが、喫煙によるビタミンCの消費です。タバコを吸うことによって、美白になくてはならないビタミンCが壊れてしまうのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る